代表者 斉藤将巳 ご挨拶

 はじめまして! 行政書士将巳事務所の代表 斉藤将巳と申します。

 

 「行政書士」って、どんな仕事をするのですか?とよく聞かれます。

 

 行政書士の仕事は、取扱業務をご参照いただければ分かるように、多岐にわたります。

 

 ただ、その多岐にわたる業務が目指すところは、法律を踏まえた文書を作成し、お客様の事業をサポートするということであると考えます。

 

 許認可申請であれば、法律知識と過去のケースを踏まえて書類を準備しなければ、許認可を取得することはできません。

 

 また、大事な契約の際には、紛争を予防するために、必ず法的効力のある契約書を用意しておかなければなりません。

 

 更に、会社を設立する際には、ご予定の事業を問題なく開始でき、かつ、融資を受けることが可能な形で定款(会社の根本規則)を作成する必要があります。

 

 法的トラブルを未然に防ぎ、お客様が安心して事業活動に専念してもらえるお手伝いをしたい、それが私が行政書士をする理由です。